心臓病について

僧帽弁閉鎖不全症の治療

もし「僧帽弁閉鎖不全症」にかかってしまっても、適切なケアにより、
症状を改善したり、病気の進行を抑えたりすることもできるんだよ。
この病気ではどんな治療をするのか、簡単に紹介するね。

だから検査で重症度を確認するのが大事なんだ

僧帽弁閉鎖不全症のケア

弱ってしまった、
心臓のポンプ機能を助ける

血管を拡げて、全身に血液が
行きわたりやすいようにする

体にたまった余分な水分を、
尿として排出しやすくする

体に余分な水分がたまらないように、
塩分を控えたり、
心臓に必要な栄養素を補給するなど、
適切な食事管理を行う

心臓を無理やり働かせている
“ムチ”を緩和する

心臓の手術をして、逆流を減らす
(獣医療では、限られた施設でのみ実施可能)

01
02
03
04
05
06
弱ってしまった、心臓のポンプ機能を助ける
血管を拡げて、全身に血液が行きわたりやすいようにする
体にたまった余分な水分を、尿として排出しやすくする
体に余分な水分がたまらないように、塩分を控えたり、心臓に必要な栄養素を補給するなど、適切な食事管理を行う
心臓を無理やり働かせている“ムチ”を緩和する
心臓の手術をして、逆流を減らす(獣医療では、限られた施設でのみ実施可能)

安静時呼吸数に注意してみましょう

安静時、あるいは睡眠中の呼吸数を測定してください。
安静時呼吸数が通常より20%以上増加していたら受診の目安になります。

安静時呼吸数の変化は、僧帽弁閉鎖不全症による、
うっ血性心不全を感度92%、特異度94%で発見できるとの報告があります7)

※横になっている、または寝ているときの呼吸数

僧帽弁閉鎖不全症が進行し、肺に水がたまると
「安静時呼吸数」が増えてくることがわかっています。
自宅で、落ち着いてリラックスしているときの、
「安静時呼吸数」を測ることで、
僧帽弁閉鎖不全症の進行に気づくことができます。

(散歩の直後や動物病院などで興奮しているときは、病気でなくても呼吸数が増えてしまうことがあります。
安静時呼吸数の測り方は、かかりつけ獣医師に相談してください)

「吸って」&「はいて」の1セットで1回の呼吸です。 「吸って」&「はいて」の1セットで1回の呼吸です。 30秒×2。15秒×4。
愛犬の心臓病のサイン
心臓病のお薬
お役立ち
PAGE TOPへ