心臓病について

僧帽弁閉鎖不全症の進行

元気いっぱいにみえても、
実は「僧帽弁閉鎖不全症」にかかっていることも多いんだ。
病気が進行すると、心臓が大きくなったり、
ポンプ機能の低下や肺うっ血が起こったりして、
いろいろな症状が出てくるよ。

だから検査で重症度を確認するのが大事なんだ

参考:ACVIM犬の房室弁膜症の診断治療に関するコンセンサスガイドライン

犬の僧帽弁閉鎖不全症の重症度と、死亡してしまうまでの期間

心臓病の症状が出てくる前から
こまめに検診を受けて、
心不全が軽度なうちから
適切なケアをしたほうが長生きできます

愛犬の心臓病のサイン
心臓病のお薬
お役立ち
PAGE TOPへ