疾病情報

診断

心臓・肺の聴診

以下のような異常を発見するために、心臓の聴診が使われています。

  • 心臓不整脈—心拍異常、頻脈 徐脈
  • 心雑音—雑音の強さを検討する
  • 過剰心音—ギャロップ音、クリック音

心臓を聴診する範囲には、左胸郭壁での僧帽弁、肺動脈弁、大動脈弁を含め、右胸郭では、三尖弁の聴診を含めます。心雑音が、心疾患の最初の検出可能な徴候である場合がしばしばあります。心雑音が聴こえたら、胸部X線検査(椎骨心臓スコアの計算を含む)を実施して、犬の心臓が拡大していないか判断します。肺の聴診は、正常な気管支肺胞性呼吸音の存在を検出するか、あるいは、クラック音や喘鳴などの異常な肺音を検出するために行います。

ベトメディン®製品基本情報
疾病情報
お役立ち
PAGE TOPへ